便秘が胎児に与える影響

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、出産の時まで成長していきます。

 

そんな赤ちゃんのすぐ側に便が溜まっている腸があると考えると、心配になってくる方はいるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんは子宮で守られていますが、同じお腹の中に存在しているので不安になるのはよくわかります。

 

また、お母さんとへその緒で繋がっているので、さらに不安になりますよね。

 

このような悩みからくるストレスで、便秘を悪化させてしまったり体調を悪くしてしまう妊婦さんも非常に多いです。

 

穏やかなマタニティライフにするためにも、この機会にぜひ悩みをなくしておきましょう。

 

 

子宮の中はとても安全な場所

基本的に妊娠中の便秘が赤ちゃんに与える影響はありません。

 

体内で様々な内蔵に囲まれており、子宮の壁は妊娠後期になってくると約1センチ厚さで赤ちゃんを守ってくれるようになります。

 

赤ちゃんは弱アルカリ性の無菌状態の羊水の中で、胎盤やお母さんの体の抵抗力によって毒物性物質からしっかりと守られており、健康に直接大きなダメージを受ける事はありません。

 

 

それでも注意は必要

便秘というのは、消化物の腸内腐敗で腐敗毒が発生している状態です。

 

腸壁から毒素が吸収されて血液に混ざり、汚れた血液は胎盤を通じて赤ちゃんに届いてしまうことになるので、やはり便秘は放ってはおけません。

 

フィルター機能がある胎盤で毒素は消されるとはいえ、やはり便秘は改善しておきたいものです。

 

直接悪影響が無いとしても、お母さんの体調不良によって免疫力や抵抗力などの低下の影響が赤ちゃんへ繋がるので気をつけましょう。

 

 

出産時に影響が出る可能性がある

お母さんの産道に生息している菌は、腸内細菌とよく似ています。

 

出産の時に赤ちゃんが産道を通る際に、そこに存在する細菌を口から入り込むことから腸内環境が似るとされています。

 

便秘によってお母さんの腸内環境が悪い状態だと、出生後の赤ちゃんは便秘や下痢になりやすくなると言われています。

 

また、アレルギー症状にも関係してくるようなので注意しておきたいところです。

 

便秘はお腹の赤ちゃんに直接影響はないですが、お母さんの体調によっては注意する必要があります。

 

1番気を付けておきたいのは、赤ちゃんの出生後の健康だと思います。

 

なので出産のために、便秘は改善しておきましょう。

 

妊婦 便秘 解消