便秘は運動不足に注意!

便秘は運動不足

妊娠するとお腹も大きくなってきて、運動をすることができなくなるので運動不足になってしまいがちです。

 

実は妊婦さんの便秘の原因の1つとして、この運動不足があげられます。

 

運動不足によって起こる筋力の低下は、排便の際に使ういきむ行為に必要な腹筋や腸周りの筋肉に影響してしまいます。

 

同時に腸の動きも弱くなってしまうので、便秘になりやすくなってしまいます。

 

運動するとしても、やっぱり気になるのは赤ちゃんへの影響だと思います。

 

無理に体を動かすのはよくありませんが、注意して適度な運動をすれば、体に良い事ばかりなのでぜひやってみましょう。

 

 

運動に最適な時期とは

基本的に軽いウォーキングやストレッチなどであれば、妊娠初期から後期までやっても大丈夫です。

 

運動により、腸を刺激して活性化させることができて、自律神経も整えることができるので、消化器官をコントロールして便秘を解消することが可能です。

 

マタニティスイミングなど有名ですが、妊娠中期の安定期と言われる時期のみにしておきましょう。

 

妊娠初期や後期にマタニティスイミングをやると、流産や早産の可能性が出てくるので気をつけましょう。

 

 

運動する時の注意は?

運動する時に一番心配なことは、胎盤が剥がれて流産の原因になったり子宮が収縮して切迫早産になってしまうことです。

 

特に、ジャンプしたり、腰をひねったり、スクワットや逆立ちなどこのような運動は絶対にやめておきましょう。

 

赤ちゃん自身は子宮内で羊水に守られているので運動による衝撃はあまり心配はいりません。

 

しかし、大きいお腹をかかえながらの運動する母体にかなり負担がかかるので無理のない程度の軽い運動にしておきましょう。

 

 

妊娠中の便秘に効果的な運動

自宅で気軽にできる運動としては、ストレッチで体をよくほぐしてからウォーキングをするのが一番いいでしょう。

 

燃焼効果を高めながら歩く事ができ、骨盤を揺腸して刺激することができるので便秘改善にもいいです。

 

安定期に入ってマタニティスイミングをするとお腹の重みから一時的ですが解放されるので気分転換にとってもいいです。

 

また、有酸素運動によって血液循環をよくすることができるので、便秘やむくみ、腰痛などの改善にも効果があります。

 

運動によってお産に必要となる筋肉を鍛えたり、関節や産道を柔らかくする事で安産にしやすくさせる効果もあると言われています。

 

妊娠中の運動がもたらす効果は便秘改善だけではないので、積極的にやっていくことをオススメします。

 

 

 

 

 

妊娠中にできる運動

 

妊婦の便秘解消だけでなく、運動不足や産後の体型戻しのためにも軽い運動は良い効果をもたらしてくれるものです。
妊娠中にもできる運動は、色々ありますので自分の体調と相談しながら色々と試してみるといいでしょう。

 

 

 

軽めのウォーキング

 

一番気楽に始められる運動の代表と言ってもいいでしょう。買い物がてらでもかまいません。近所を散歩するだけでOK。歩きやすい安全な靴で、体調をみながら10分から30分ほど歩けばじゅうぶんです。

 

ただし、天候の悪い日や足元が悪い日、気候が良くない時などは危険を伴いますので、お休みしましょう。

 

 

インナーマッスルを鍛える運動

 

インナーマッスルとは体の内側にある筋肉の事で、出産時に使われる筋肉は殆どすべてこのインナーマッスルと言っていいでしょう。ですので、妊婦にはこのインナーマッスルを鍛える運動が一番おすすめです。

 

水泳(スイミング)

 

妊婦の体は胎児の成長に伴ってだんだんと重たくなっていきます。特に妊娠中期から後期にかけては思うように体を動かすのが大変になってしまい、運動するのが辛くなってしまいがち。そこでおすすめしたいのが水泳です。

 

水の浮力があるので、体の重たさを気にせずに運動できます。
スポーツジムなどではマタニティースイミングコースなどのマタニティーレッスンがあるところも。そういったところをぜひ活用するといいでしょう。

 

 

マタニティヨガやマタニティビクス

 

これらの運動は呼吸法を意識した有酸素運動で、副交感神経を優位にし、不快呼吸によってリラックス効果を得ることができます。これらもスイミング同様にメニューを設けているジムがあります

 

妊婦 便秘 解消