妊娠中に便秘でいきんでも大丈夫?

妊娠がわかると赤ちゃんへの影響を考えるようになり、日常のいろんな行動が心配になってしまう方はいると思います。

 

多くの妊婦さんが悩んでいるものの1つとして、トイレでのいきみがあります。

 

妊婦 便秘 解消

 

いきんだ勢いで赤ちゃんが産まれてしまわないの・・・?


妊婦 便秘 解消

 

流産してしまいそうで心配・・・。


 

妊娠中にいきむと、切迫流産してしまうのではないかと心配や不安になって、十分にいきむ事ができず便秘を悪化させてしまう方が多くいます。

 

かなり強くいきんでも排便できない方は、産婦人科でお薬を処方してもらったほうが良いのですが、普通にいきんで出るのであればそれほど深刻に考える必要は無いでしょう。

 

 

赤ちゃんが出てくる可能性はほとんどない

基本的にトイレでのいきみでは、お腹の赤ちゃんへの影響は全くありません。

 

いきむことで排便ができるのであれば、その方がお母さんにとっても赤ちゃんにとっても非常にいいです。

 

しかし、子宮口が大きく開いている妊娠後期の時期は、いきむことで切迫早産のような症状を起こす可能性があるので気をつけておきましょう。

 

できれば、妊娠後期までにしっかりと便秘を解消しておきたいものです。

 

 

母体への負担

いきんでも良いと言っても、ある程度の加減が必要となってきます。

 

いくら赤ちゃんに影響がなくても、妊娠中の母体への負担はあるので、トイレに座ったまま長時間いきむことはやめておきましょう。

 

長くいきむことで血圧が急に上がってしまったり、肛門に負担をかけて痔になる可能性も十分にあります。

 

また、子宮収縮の原因にも繋がってきますので、自分の体調が悪い時などは特に気をつけましょう。

 

 

うまくいきむコツ

前かがみになって、両肘をふとももに置く体勢で息を吐くことで、排便の時のお腹への負担を軽くして便の送りをしやすくさせます。

 

また、この時にかかとを上げる事で、腹筋の力を伝わりやすくさせます。

 

時間に余裕があれば事前に腰回りを温めておいたり、温かい飲み物でお腹の内部を温めるなどして血行をいい状態にしておくと、腸の動きがよくなります。

 

ウォッシュレットで肛門を軽く刺激するのもいいでしょう。

 

妊娠中の便秘は、安静が必要な程の問題がない限りはいきんだり踏ん張ったりしても大丈夫でしょう。

 

1番心配なのは、いきみによる母体への負担です。

 

母体への負担は赤ちゃんに影響する可能性も十分にあるので、いきむコツを上手く習得して、体に負担の少ない排便ができるようにしましょう。

 

妊婦 便秘 解消