妊娠高血圧症候群と便秘について

妊娠中に注意しなければならない事の1つとして妊娠高血圧症候群があります。

 

以前までは「妊娠中毒症」と呼ばれていましたが、2005年から「妊娠高血圧症候群」という病名で呼ばれるようになりました。

 

この妊娠高血圧症候群は20週以降の妊娠後期に発症することが多く、その原因はまだはっきりと判明していません。

 

一説では妊娠することで母体の状態が大きく変化し、その変化に身体がついていけないことが主な原因だと言われています。

 

症状が悪化すると死に至ることもあり、そうでなくても何らかの後遺症が残ってしまうこともある、大変危険な病気です。

 

妊娠高血圧症候群と診断される基準としては、むくみ、高血圧、尿タンパクなどがあります。

 

これらの中のどれか1つでも発症していれば妊娠高血圧症候群を疑った方が良いでしょう。

 

上記の症状が今まで出た事のない女性でも、妊娠することによって発症することがあるので、どんな人でも注意が必要です。

 

妊娠している時に身体がむくんでしまうと血液の循環が悪くなり、赤ちゃんに栄養を与えるのに必要な力も弱くなってしまいます。

 

これらの症状を放置してしまうと赤ちゃんの成長に必要な栄養などが届かなくなってしまい、赤ちゃんに悪影響が出てしまう場合があります。

 

便秘も妊娠高血圧症候群の要因になる?

この妊娠高血圧症候群と便秘には何の関係があるかと言うと、妊娠高血圧症候群になると便秘解消が難しくなるどころか、悪化してしまうことがあるのです。

 

妊娠中の女性は黄体ホルモンの影響により便秘になってしまうことが多いです。

 

しかし妊娠高血圧症候群になると、症状を治すために食事内容をコントロールしたり、体重が増えたりしないようにしますが、これらが身体に負担を与え、便秘解消が難しくなってしまうのです。

 

妊娠高血圧症候群は便秘に悪影響を与えるだけではなく、早産・入院の危険もある病気です。

 

こうならないために、普段から低カロリー・高タンパクの食事を心がけることが大事です。

 

また、何か異変を感じたらすぐに病院で診察してもらうようにしましょう。

 

 

妊婦 便秘 解消