妊娠中期の便秘の原因と対策

妊婦生活に慣れてきてつわりが治まってきた頃が、妊娠中で体調が1番安定している時期となります。

 

この時期は安定期と言われており、旅行や運動などを楽しむ方が増えてきます。

 

黄体ホルモンの大量の分泌も無くなってくるので、腸の調子も回復させるチャンスです。

 

ですが、それでも妊娠中は便秘の原因が次々と発生してしまいます。

 

 

妊娠中期の便秘の原因とは

便秘の原因と対策

妊娠中期ぐらいになると胎盤が完成し、胎児もどんどんお腹の中で成長し始めます。

 

子宮の大きさは、大人の頭ぐらいまで大きくなります。

 

成長による腸の圧迫

妊娠中期で最も多い便秘の原因は、大きくなった子宮が腸を圧迫してしまうことです。

 

圧迫された腸はしっかりとした働きが出来なくなってしまいます。

 

これが原因となる便秘は、妊娠後期から臨月近くまで続くことになります。

 

胎動もそろそろ始まる時期となります。

 

胎動が原因で便秘が解消されることもあるので、胎児の成長による腸の圧迫が原因による便秘は時はあまり悩まずに待つことです。

 

 

運動不足

ひどいつわりからやっと解放された方の便秘に多い原因が運動不足です。

 

特に、妊娠初期に切迫早産などで入院してしまった方や、つわりがひどくてまったく動けず、筋力が落ちてきてしまった方は、動くのが嫌になってしまうことがあります。

 

妊娠初期に分泌される黄体ホルモンは、運動による刺激を腸が受け取りにくいようにする働きがありますよね。

 

黄体ホルモンが活動を弱める妊娠中期は、軽い運動でも腸への刺激となり便秘の解消に効果があります。

 

この時期は、動かないことによって便秘となってしまいます。

 

 

食生活の変化

つわりが終わると、食べ物の好みが変わる方がいます。

 

決まった食べ物しか食べなくなってしまう方もいるのですが、これによって食物繊維や乳酸菌を摂取しないことが便秘の原因となります。

 

水分も妊娠前と比べて、たくさんの量を体が欲しがるようになります。

 

このときに水分補給をしないと、足りない分は大腸内の内容物から吸収されてしまうので、便秘となってしまいます。

 

妊婦 便秘 解消