妊婦さんでも食べられる、便秘に効く食品

家事などでトイレの時間がゆっくり取れない方は多いのではないでしょうか。

 

ほかにも出勤で朝忙しい時に便意がきて、時間が無くて我慢してしまったり。

 

こういったことが便秘へと繋がってしまいます。

 

便秘になったときは、できれば薬に頼らず自然なお通じをすることが1番いいでしょう。

 

ここでは妊婦さんの便秘解消だけではなく即効性のある便秘解消食品をまとめてみました。

 

 

玄米ごはん

玄米100%はとても食べにくくかなり大変です。

 

白米:玄米=1:1の割合でご飯を炊くと、いい感じで食感がよくなりおいしく食べることができます。

 

それでも硬さが気になる方は、水につけておく時間を長くすることによって、白米に近いぐらいの柔らかさにすることができます。

 

玄米を夕食で食べると次の朝にスムーズに排便できる方が多いです。

 

 

まいたけ

きのこ類の中でもまいたけの便秘の解消効果はとてもいいです。

 

歯ごたえもあり風味もいいので、いろんな料理においしく使えます。

 

主な料理としては、まいたけ炊き込みご飯、味噌汁、すまし汁、炒めもの、和え物、煮物などがあります。

 

安く買うことができるので、たくさん食べることができてオススメです。

 

 

白菜キムチ

キムチは植物性乳酸菌です。

 

きゅうりや大根のキムチなどがありますが、食物繊維の多い白菜キムチが1番おすすめ。

 

キムチはニオイが気になる食べ物でもありますが、お腹の中の乳酸菌を増やすのにとっても効果的な食べ物です。

 

なのでお休みの前日にでもキムチを使った料理を作って食べるといいでしょう。

 

 

寒天

寒天は食物繊維が非常に多く含まれています。

 

ダイエットにもよく食べられており、コレステロールや血糖値を抑えてくれて肥満や高血圧の予防にもオススメです。

 

生活習慣病を改善するための医療機関などの入院食にも出されています。

 

寒天は食事の前に食べるのがいいでしょう。

 

優れた保水効果があり、便秘だけではなく健康と美容にもとても効果的です。

 

 

プルーン

プルーンには食物繊維が多く含まれています。

 

妊婦さんだけではなく、女性に不足しがちな鉄分も非常に多く含まれています。

 

妊娠前からプルーンを食生活に取り入れることで、体内に鉄分を蓄えておくことができます。

 

妊娠中はホルモンバランスなどの影響で便秘になりやすいですが、良質な食物繊維を豊富に含んだプルーンで便秘の悩みから解放してくれます。

 

 

シリアル食品

シリアル食品というものは、トウモロコシ、オーツ麦、小麦、大麦、米などの穀物を、押しつぶして薄い破片にして、パフ状にされシート状にしてから砕くなどの加熱調理で食べやすく加工されて、長期保存に適した食品となっています。

 

ケロッグ オールブランなどが便秘の解消にいいとされていますが、妊婦さんの場合は無添加シリアルを食べるといいでしょう。

 

 

ヨーグルトとプルーンソース

普段からヨーグルトを食べているけどなかなか便秘の解消につながらない方は、ヨーグルトにプルーンをそのまま入れるといいでしょう。

 

プルーンのジャムをかけるのもいいでしょう。

 

 

バナナ

バナナはカロリーが少なく、食物繊維が多く含まれています。

 

なので便秘の予防にいいとされるバナナですが、完全に熟してしまったものよりも少し熟しているバナナがいいでしょう。

 

しかし、あまり熟していないものだと毒性があるので、黄色みの多い少し青味の残るものにしましょう。

 

ナイアシンの成分作用で腸の健康を保つことができ、便秘に効果的です。

 

 

ニンニク

ニンニクには即効性のある便秘改善効果があります。

 

ニンニクのニオイが苦手な方は多いですが、最近では黒ニンニクと言ってニオイの無いフルーティーな味のするニンニクがあります。

 

また無臭ニンニクもあるので非常に食べやすい食品となりました。

 

妊婦 便秘 解消