生活習慣による便秘解消方法

主婦の方は、普段なかなか運動することはないと思います。

 

妊娠中の方、そうではない方でもある程度の運動は健康的な生活に必須となります。

 

ダイエットにも効果的で、まずはすぐに出来るところから取り入れてみることをオススメします。

 

便秘の改善には毎日規則正しく生活することが重要です。

 

決まった時間に起きて、食事、睡眠をとることで勝手に体が排便のリズムを覚えて、スムーズな排便をすることが可能となります。

 

ですが運動不足だと便秘の改善が妨害される可能性があります。

 

毎日30分程度のウォーキングをすることで、腸を刺激して活性化させ、さらに排便時に必要な筋肉を付けることもできます。

 

しかし、急に30分のウォーキングをしなければいけないと、考えるだけで面倒だと思う方はいるのではないでしょうか。

 

まずは近くのコンビニまで歩いて行って買い物しよう、というような気軽な気持ちで始めるといいでしょう。

 

運動はいつしてもいいのですが、便意をもよおしやすい朝に運動するのがオススメです。

 

もちろん自分の体調を1番に優先して、少しでも体の調子が悪くなったら控えるようにしましょう。

 

頑張りすぎて体に負担をかけすぎると子宮が収縮させることになって、切迫早産や切迫流産の原因になってしまう可能性もあるので絶対に無理のないぐらいにしておきましょう。

 

 

マッサージもオススメ

即効性はあまりありませんがマッサージが便秘の解消にオススメです。

 

ツボをおさえる事で血行促進になるので、湯船の中やお風呂上りにするとさらに効果を得ることができると思います。

 

しかし、ただやみくもにツボを押すのはよくありません。

 

なので、こちらの記事でしっかりと正しい方法を知ってからツボ押しを行なうことをオススメします。

 

基本的なマッサージを紹介していきます。

 

運動と同じようにやりすぎは体に悪いので、無理をしないようにしましょう。

 

お腹周辺のマッサージ

まずはヘソの周りをのの字を描くようにして優しくさするマッサージを紹介します。

 

のの終わりが左下の直腸あたりから肛門の位置に当たるようにしていきます。

 

イメージとしては腸の中で止まっている便をゆっくり出口に持っていく感じです。

 

 

手のマッサージ

次に手にあるツボである合谷(ごうこく)を刺激するマッサージを紹介します。

 

合谷のツボがある場所は、手の甲を上に向けたときに、親指と人差し指の骨が出合うところのくぼみのところです。

 

この合谷を人差し指の骨の側面に向かって押していきます。

 

 

足の裏のマッサージ

足の裏にもいろいろなツボが存在します。

 

特に血行をよくしてくれるのに効果的な三陰交(さんいんこう)がいいと言われています。

 

三陰交の場所は内くるぶしから指4本分上がった場所の骨の後ろのくぼみのところです。

 

他にも足の裏をまんべんなく揉み解していき痛いところ、気持ちのいいところを重点的に押すといいでしょう。

 

妊婦 便秘 解消