食事による便秘解消方法

妊娠中は便秘の改善だけではなく、妊娠中は食生活に注意することも必要です。

 

なので、自分だけの体と思わず、赤ちゃんの体も自分が作り出していると意識してもらえればと思います。

 

また、近年日本女性に急増しているのが妊娠糖尿病というものです。

 

妊娠によってホルモンバランスが変化して、ブドウ糖が赤ちゃんに優先的に送られるようになり、インスリン抵抗性が起きやすくなるためです。

 

妊娠糖尿病は、肥満傾向にある方や高齢妊娠に起こりやすい病気となっていますが、痩せ型の妊婦さんも他人ごととは言えません。

 

なので、あらかじめ正しい予防意識を持つことをオススメします。

 

 

オススメの食生活改善方法

妊娠中は薬をなるべく使いたくないという方は多いと思います。

 

薬を使わず便秘を解消するためには食生活の改善が必須となってきます。

 

まずは、朝食を毎日食べるようにしましょう。

 

朝食を食べることによって寝ている間に休んでいた胃や腸の働きを開始させることができます。

 

胃や腸が動き始めることで便意をもよおすのに効果的となります。

 

朝は食欲がわかないからご飯を食べれないという方は、水を飲むだけでも腸に刺激を与えることができます。

 

次に日常的に水を飲むことです。

 

妊娠中は赤ちゃんに水分を送ることになり、さらに血液量も増えているので、血液にも水分を奪われてしまわれかなり水分の需要が高まります。

 

なので、毎日水を1リットル以上を意識的に飲むようにしましょう。

 

特に硬水はマグネシウムやミネラルを多く含まれているので、便秘を改善させるにはとてもオススメです。

 

なぜマグネシウムやミネラルが便秘に効果的なのかというと、これらのものには便の中に水分を取り込んでくれる働きがあるからです。

 

炭酸水もオススメ

 

炭酸水も便秘の改善に効果的です。

 

炭酸水には胃腸を刺激して腸の水分保持を助ける働きがあるからです。

 

しかし胃への刺激を与えすぎる心配もあるので、過剰摂取には注意しておきたいところです。

 

食事の内容について考えることも必要です。

 

簡単に言うと、食事で食物繊維と油分を摂りましょう。

 

オススメなのは、サツマイモ、リンゴ、ゴボウなどは食物繊維が多いので、これらは便の材料となり腸のお掃除をする働きをしてくれます。

 

そして油分の摂取もしっかりと行ないましょう。

 

カロリーを気にしてしまい、油の摂取をまったくしない女性は多いと思いますが、これは便秘の原因になりかねません。

 

適度な油分を摂ることでスムーズな排便ができる手助けをしてくれます。

 

 

発酵食品もオススメ

ほかに便秘の改善に効果的な食品としては、発酵食品もオススメです。

 

主な発酵食品としてはヨーグルトや納豆などがあります。

 

発酵食品に入っている菌は善玉菌を増やす効果があり、腸内の細菌バランスを整えてくれます。

 

発酵食品の他に、オリゴ糖を摂取することも便秘解消にいいと言われています。

 

なぜかというとオリゴ糖がビフィズス菌の餌になるからです。

 

ビフィズス菌というのは、腸内環境を良くする善玉菌の代表でビフィズス菌が腸内で増えることで、腸の働きが良くなり便秘の改善につながります。

 

オリゴ糖が妊婦さんの便秘解消にオススメな理由としては、安全性と続けやすさがあるからです。

 

オリゴ糖は母乳の成分にも含まれているので、お腹の赤ちゃんがへその緒を通して吸収しても全く悪影響はありません。

 

実際に便秘になった赤ちゃんにオリゴ糖を与えて、便秘を解消させる方法が有名です。

 

オリゴ糖はほんのりと甘い味がするだけなので、食べ物の味を大きく変える心配はありません。

 

なので毎日の飲み物や料理に入れることで簡単に摂取することができます。

 

シロップ状のオリゴ糖がスーパーや薬局などで販売されていますが、オリゴ糖の純度が低いものが多いです。

 

ネットショップや専門店などで純度が高いものを購入したほうが、安心で高い効果のあるものが手に入るでしょう。

 

妊婦 便秘 解消