妊娠初期の便秘の原因と対策

妊婦になる前は便秘で悩まされたことはなかったのに、妊娠して妊婦になってからなんだか調子が悪い、ということはありませんか?

 

妊娠は、妊婦の体に大きな変化を与えます。

 

このことにより、妊娠前と比べて妊婦には様々な今までに無かったことが起こりだします。

 

 

妊婦になるとなぜ便秘になってしまうのか

便秘の原因と対策

妊婦になると、黄体ホルモンという女性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。

 

黄体ホルモンというものは、妊娠を順調に進めるための欠かせないホルモンなのですが、このホルモンは腸の動きを妨害する効果もあります。

 

黄体ホルモンは妊娠初期だけ妊婦の体内に特別に大量に分泌されます。

 

なので、妊娠初期は妊婦の腸の働きが悪くなってしまい便秘に悩まされるようになります。

 

生理前に便秘に悩まされた経験はありませんか?実は生理前の便秘も、黄体ホルモンの影響なのです。

 

黄体ホルモンは、腸管の筋肉への刺激を受け取らせる力を悪くさせる効果があります。

 

なぜこのようなことが起きるのかと言うと、妊婦の胎内で着床して育っていく胎児が流産しないようにするために、腸の働きを最低限に抑えて、胎児に刺激を与えないようにするためです。

 

胎児が母体にきちんと定着するまで、黄体ホルモンの分泌され続けます。

 

黄体ホルモンは妊娠には欠かせないものなのですが、これが活発に働くことで腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を妨げてしまうことになってしまいます。

 

妊娠初期に分泌される黄体ホルモンの量は、生理前の量とかなり差があります。

 

さらに黄体ホルモンには、大腸の中にある排せつ物予備軍、便のもととなるものから、水分を吸い取ってしまう働きもあります。

 

刺激を受け取ることができない腸は、調子が悪くなってしまいます。

 

また、腸内の内容物からも水分が吸い取られてしまいますので、便は固くなり、腸管に詰まり便秘となってしまいます。

 

黄体ホルモンの影響による便秘は、黄体ホルモンの活発な働きが少し収まる妊娠中期になると解消されること多いとされています。

 

 

つわりも便秘の原因になるのか

妊娠したばかりの妊婦さんのほとんどが体験することになるつわりですが、つわりでも便秘は起こってしまいます。

 

吐きづわり

食事をして吐いてしまうつわりがあることは有名だと思います。

 

この場合は、腸が蠕動運動をしようとしても、十分な食べ物の量が腸に行っていないということになります。

 

腸が活発に伸び縮みをして排泄しようとしても、便となるものが少なければ排泄することができなくなります。

 

 

食べづわり

吐きづわりとは対照的になる、常になにか食べていないと気持ち悪くなってしまうつわりがあり、これを食べづわりといいます。

 

この場合は、黄体ホルモンで刺激にたいして反応が鈍くなり、蠕動運動の機能が低下している腸に、大量の消化物が送られてしまうことになります。

 

慣れない量の食べ物がきてしまうのに加えて、蠕動運動が低下している状態、さらに黄体ホルモンの働きで便の水分を吸収されてしまうので便秘になります。

 

そして、腸管に詰ってひどい便秘になることが多いです。

 

どちらのつわりによる便秘も、つわりの気持ち悪さと同時にお腹のハリや痛みなどの嫌な症状が出ます。

 

妊婦 便秘 解消